任意売却で無理なく生活していく|バイバイ売却でニコニコ笑顔

MENU

不動産

価格の設定方法について

不動産を売る場合に知っておきたいことはその価格です。自己所有の不動産であれば、できるだけ高く売りたいと思うはずです。では、どうしたら高く売ることができるでしょうか。例えば2社に査定に出したとします。その結果A社は2000万円、B社は2100万円の査定額が出ました。普通であれば、より高く査定をしているB社を選ぶはずです。ですが、実際に売る場面になると、どちらもほとんど変わらない額で売れます。では、なぜ査定額に違いがあるのでしょうか。その理由の一つにできるだけ自社でその不動産を売りたいからです。その価格で売ることができるかどうかはわからないけども、とりあえず高値を提示しておけば売主は自社を選んでくれるため、売却に成功したらその不動産の仲介手数料をもらえるのです。

高く売るだけが能ではない

このように、査定額というのはたいていどの不動産会社でも適正価格の1割か2割は上乗せして提示します。「あの会社は自分の不動産の価値をよくわかっているな」という理由で、高値を提示してくれるところを安易に選ばないことです。じゃあ、不動産会社によって全く違いがないかというとそんなことはありません。どの不動産会社を選ぶかで売値が違うことは確かにあるのです。例えば、広告を頻繁に出す会社と出さない会社では売値にもいくらかは違いが出てきます。事前にどの不動産会社が売ることに熱心かをしれべてみるべきでしょう。ただ、売値とは関係なしに信頼できる不動産会社がいい場合は、社員の言葉遣いや、ホームページの物件の更新頻度、話の内容などの細かいところでわかることもあります。